忘れっぽいおばちゃんの日常の出来事をメモしておこう。 私の可愛いファミリーの写真もいっぱい載せようと。。。 自己満足なブログです!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月28日 (月) | 編集 |
こんにちは〜

最近は全然ブログを書いていませんが、記録を取らないと後日困るので
ペットのことは少し書いていかなくてはね。。。

と思い今日は10月17日に落札したブルーイエアメの記録をします。

落札日10月17日
商品到着日10月20日

到着時の大きさca2cm
現在の大きさca3cm

もう既に1cmも大きくなっています。

変態しないモリアオガエルのオタマジャクシと一緒に入れていますが、最初はモリアオガエルのオタマ
の方が大きかったのに、今は大きさが変わりません。
DSCF1099_convert_20131028115050.jpg
左がモリアオガエルのオタマジャクシ、右がブルーイエアメのオタマジャクシ

ブルーイエアメはラインが入っています。何となくクランウェルのオタマに似ています。

これからどんどん大きくなって、変態してカエルになるわけですが、、

楽しみです^^

オタマをじ〜っと見ていたら、そこここに二葉が出ているのです。水草も二葉からなのか〜
と感心しているAzurです。


こんなのを見ていると時間がいくらあっても足りない。。。


ず〜っと見ていたいな〜 と思ってしうAzurでした。


観察日記をちゃんとつけねばね。。






スポンサーサイト
2013年05月21日 (火) | 編集 |
こんばんは〜?  かな

お久しぶりなブログです。でも今日はちょっと面白くない人には面白くなく
共感できる人もチラホラかも、、という記事になります。

色々反論はあるとは思いますが、思っていることを自分のアカウントで自分のブログに書きます。



私は、ぶっちゃけ動物愛護団体が苦手です。
でも、犬も猫も好きだし、、実際自分の家では集まって来たニャンズの避妊手術も自費でしています。

だから、愛護団体に対して友好的かというとそうでもありません。
というのも、私の考えは団体の人達とは違うようです。


私は、庭におしっことウンチをされてしまって、植木がダメになってしまうけど
猫を殺すわけにはいきません。しかも猫は好きです。
ですが、自分の生活を壊す程のニャン数を家で飼育するわけにはいきません。

だって、自分の生活が成り立たなくなっては何か本末転倒のようなおかしな気分になります。

愛護団体の人達は、猫や犬をセンターに入れる人の気が知れないと言います。
でも、どうでしょう。。

かたや、母親に殺される新生児も少なくありません。


堕胎手術で死んだ子

生まれて来てもすぐに殺される子

数年たった後に捨てられる子

皆さんはどう思うのでしょうか?


犬や猫を捨てる人、殺処分になるのを分っていながらセンターに入れる人

酷いですよね、、当たり前に酷い!
お前はそれでも心を持った人間か!!!!と言いたい。


でもね、自分の子供を捨てる母親がいます。
猫の中でも神経質で少しの人間の匂いで自分の子供を食べてしまう猫もいます。

私の母親は私が1歳の時に私の飼育を放棄しました。
そして私は、曾祖母、祖母、叔母の中で育てられました。

知っていますか?
飼育を放棄した人間を、、

私は知っています。

猫や犬を捨てるのは私にとっては容易く想像できます。

人間はそういう動物なのです。それがいけないことでしょうか?
新たな一歩を踏み出すために犠牲を強いる。それが人間なのかと思います。

あまりに、攻めすぎる愛護団体にたいして、返って思うのです。
飼えなくなってしまった人の心を思いやる気持ちがあなた方の中にありますか? と

私の母は、別に自分の子供を捨てたとは思っていません。
自分の母親の所に置いて行っただけなのですから、、でもその後も再婚先でも
私のご飯を作っていたのはあちらのおばあちゃんですし、、

飼育はしていません、教育も、、でも死ぬ時にどうしてもあなたに居て欲しかったとも言うのです。

全て同じ人間が言うのです。矛盾に満ちて混乱させられることだらけです。


そんな複雑な人間のすることです。いけないことは分っていても、やるに決まっている。
私はそう思うのです。

別に、捨てる人間を肯定するわけではありません。

でも、少しのことで殊更だって騒ぎ立てる人達に嫌悪感を憶えるのも現実です。

自分以外は悪と言っている様な。。。


勿論、思いやっても、思えないような我が侭な人達はいますが、、



要するに、自分たちは正しくて捨てた人達は悪と言ってはばからない
傲慢さが嫌いなんだな。。


眠くなった、続きはまた今度。。

もう書かないかもしれない。。気分の悪い人もいるだろうからね。。

2013年03月23日 (土) | 編集 |
さて、書こう書こうと思って書いていなかったのがこの
愛犬救急救命士の話。

実は、昨年の11月14日にセミナーに参加してきました。

こちらのセミナーはシニアWANKO倶楽部さんが主宰のセミナーです。

申し訳ありませんが先生の名前は忘れてしまいました。
しかも、今となってはテキストも、、、

ですが、内容はとても良く犬や猫の飼い主は知っていた方が良いと思いました。

それで、テキストを手元に置いていたのに、お客さんがくるのでどこかに
入れ込んで、、、どこに、、という訳で詳しく書くことはできませんが

心臓マッサージの方法は健康な心臓の音や心臓病の子の音なども聞かせて頂き
大変参考になりました。

小型犬と、中、大型犬との心臓マッサージの方法の違いもわかりましたし
誤飲の時の対処法など

取り敢えず、獣医に見てもらうまでに飼い主ができる最低限のことが学べます。



私も、昔チビという中型犬が散歩中に発作を起こし身動きだきなくなってしまった事があります。
その時にどうすれば良いかわかっていれば、慌てずにすんだのに
というか、チビの楽なようにできたのに、、と思いました。

結果的に言うと私の行動自体は不適切なものではなかったのですが
知っているのと知らないのとでは大違いです。

人間には電話1本で救急車と救命士がセットできてくれる良い機関がありますが
動物達にはありません。

また、そこで教えて頂いたのですが、飼育動物に1頭につき1冊愛犬手帳的なものを作るのも勧められました。

かかりつけの獣医の情報。処方されている薬。平常時のバイタル。持病。

また、かかりつけの獣医さんに夜間対応できると明記されていても
家と病院が離れていると、獣医さんが病院にくる時間もかかりますし
実は夜間対応を嫌がる獣医さんも少なくないそうです。

本当に夜間対応をしてくれるのか今一度確認した方が良いようです。

そして、かかりつけ獣医の情報だけではなく、夜間対応可の病院ともう1件くらいの
電話番号は控えていた方が良いそうです。

手帳には、獣医さんにかかった時の記録も忘れずに、、旅行の時は鞄に入れて旅行先での
事故や急病に対応できるようにしておきましょう。

セミナーの雰囲気はね〜

こんな
DSCF0626_convert_20130323144058.jpg

このモデル犬がすごいのよ〜 本当に何をされても声一つ出さず
良い心肺停止状態になっているのよ^^

興味を持った方はシニアWANCO倶楽部のホームページに募集情報があるので検索してみて下さい。


みなさんワンズと一緒に参加されていましたが、家のワンズは両方とも問題があるので
私一人での参加になりました。

ワンズと一緒じゃなくても大丈夫です。ぬいぐるみやステキなモデル犬で実技させて貰えます。

気になった人は参加してみると良いよ〜


と、Azurでした。




2013年03月09日 (土) | 編集 |
こんにちは、良いお天気ですね^^

しかし、東の大陸から色々飛んで来ているようで喉がガラガラです(汗)


庭のチューリップも段々大きくなってきています^^



週中は、従姉妹のKの所に泊まりがけで飲みに行っていました。
Kと町子と私の3人で、気も使わず楽しく^^

何せ一緒に飲むと犬4頭と猫1匹ですので賑やかです(笑)

Kがペットホテルをやり始め そして、最近はドッグハイジニストになって
犬の無麻酔歯石除去をオールハンドでやり始め、何だ〜かんだ〜忙しくて
ゆっくり飲んだり、とりとめもない話をしたりする時間が少なくなりました。

ですので、久しぶりの泊まりがけの飲み会です。(旦那の出張中に)

Kの所に行く時にはCocoも丸も一緒です。Cocoは初めはオドオドしていますが、私が座って飲み始めると
廊下からリビングに入って来て一緒にオヤツを貰ったり、お肉やお野菜を貰ったりして
寝る時も一緒にみんなと寝ます。

そんな姿を見ていると、2010年にちばわんさんからCocoの里親になった時のことを思い出します。

すっかり、ちょっとビビリな普通のワンになっていますが

人間の声を聞いただけで、脱糞放尿する子だったんだよな〜
と、忘れていた昔を思い出しました。

預かりママさんの預かり日記を読み返してみると、本当に手の付け様のないビビリ(笑)

それが、今ではお散歩も 旅行も ドッグランも 他のワンズ達とのコミュニケーションは
丸よりも上手で問題なく、悪戯も形を潜めトイレシーツを私にかぶせることもなくなりました。

もう、立派なお姉ちゃんかな?新入りのハチミツと良く遊んでいます。

良い季節になって、今年もCocoといっぱいお出かけできればいいね
IMG_0832_convert_20130309113333.jpg


PS:ペットホテルFooPez、犬の無麻酔歯石除去についてはお問い合わせをクリックしてね





2013年02月18日 (月) | 編集 |
こんにちは^^

お久しぶりのAzurです。

皆様は愛犬の口腔内のケアについてはどうしていますか?

先日、猫のマキが酷い風邪をひいてしまって、食事が摂れなくなってしまい
途方にくれてしまいましたが、この原因は、風邪をひいた事により歯肉炎の炎症が
ひどくなり、食物を噛むことができなくなってしまったため、長引いてしまった
ということです。

歯肉炎さえなければ、ちょっとした風邪なら抗生剤の投与ですぐに良くなった事でしょう。
しかし、歯肉炎は抗生剤では良くなりません。





猫の口の中のケアは難しくてすご〜く大人しい猫ちゃんができるかどうかですが
ワンズは結構させてくれます。

それでも、飼い主が日常的にするのって大変ですよね

獣医に行くと、麻酔をかけて綺麗に歯垢を取ってくれます。ですが、気になった時に
歯垢を取ってもらうわけにはいきませんよね。だって、麻酔をするのですから。

では、毎回歯ブラシしますか? それも結構難しいし、、


人間だって、毎日歯ブラシしていますが歯垢は定期的に歯医者さんに行って除去しますよね
ワンズも定期的にケアできれば、老後の苦しみを一つ取り除いてあげられると思いませんか?

そこで、犬の無麻酔歯石除去(ドッグハイジニスト)
最近、FooPezの主宰である都久山さんが研修を受けワンズの口腔内ケアによる生活の質の向上と維持
に着目しているケアです。

この度は家の内弁慶Cocoさんがモニターとして参加してくれました。
その様子を紹介したいと思います。

まずは、クランケの情報
名前:畠山 Coco
生年月日:2010/01/09
体重:9.5kg
既往歴:なし! 健康優良児

まだ、3歳ですがプラークは結構付いていました。

まずは、こんな感じで仰向けになって頂きます。
DSCF0749_convert_20130218141237.jpg

細いスタンドを使って、手元を照らしながらプラークを除去していきます。
DSCF0748_convert_20130218141046.jpg
DSCF0750_convert_20130218141302.jpg
DSCF0751_convert_20130218141328.jpg

だんだん綺麗になっていっているがわかるでしょうか?
こちらが、Before
DSCF0752_convert_20130218140544.jpg
そして、After
DSCF0753_convert_20130218142330.jpg

こんな感じで、お一人さま30分から1時間弱といった所でしょうか

やはり、仰向けになることができない子は難しいですね

あと、嫌で噛んでしまう子とかは時間がかかったり、無理な子もいると思います。

ですが、Coco曰くあまり痛いということはないそうです。
それが証拠に、終わった後も都久山さんと一緒に仲良く遊んでいました^^

この、犬の無麻酔歯石除去(ドッグハイジニスト)についてのご質問は
FooPezのご質問の欄に
御願いします。

また、今でしたら、Foopezご利用のお客様には、無料モニターになって頂くことも考えているようです。
ご利用の際は歯石除去についてお問い合わせください。


今度は、丸もやって貰おうと思っています。
都久山さん宜しくお願い致します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。