忘れっぽいおばちゃんの日常の出来事をメモしておこう。 私の可愛いファミリーの写真もいっぱい載せようと。。。 自己満足なブログです!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年08月13日 (月) | 編集 |
出生の秘密という記事で家の子達が家に来るまでの想像のストーリーを書いていますが
本来なら、アンコ、マキと来たのでライになるはずですが

すっとばかして、丸のストーリーを書こうと思います。


丸が語ってくれます。





俺様の名前は「丸」Azurの家にきてからの名前だけどね
前の名前はもっとイカツイ名前だったと思う。


俺様は両親の顔も殆どさっぱり憶えていない。兄弟がいたのかも。。

物心ついた時にはガラスのケースの中で毎日毎日色々な大きさの人間を見ていた。
そう、俺様はペットショップで売られていたんだ。故にこれでも血統証付きのマルチーズさ

俺様をガラスのケースから外の世界に出してくれたのは 丸坊主のでっかい男だった。
俺でっかい男好き

見た目とは違って優しいやつだった。
男らしいことが好きだけどラブリーな物も好きだったみたいだ

いつも、あいつと一緒に出かけた。俺はあいつと歩くのが好きだった。
でも、あいつはデカイから俺様を踏んだり落としたり、結構命の危機もあったわけよ

それで、俺様は小さい時から「がるるるるるるるーーー」と唸ったり吠えたりしてた。
あいつは、強そうでいいと言ってくれた。
嬉しそうに俺を見てたんだ。だから、俺様も踏まれないし、褒められるし一石二鳥だと
思っていた。

そんな自由でなんでもあり的な生活をしてたんだ。
他の男達も家にやってきてそいつらにも可愛がられて、毎日が楽しかった。

そんなある日。朝も早い時間にスーツを着た数人の男達がやってきて
あいつを連れて行った。
あいつの仲間達のことも連れて行った。。

おれは、部屋に一人で残された。

それから、数日あいつが帰ってくるのを待っていたんだが
あいつは帰ってこなかった。

ある日、玄関の所に毎日いたおじさんと見知らぬ老夫婦がやってきて
俺は老夫婦の所に行った。

老夫婦も良い人達だった。おじいさんが毎日朝晩散歩に連れて行ってくれた。
おばあさんもいい人だった。

だけど、ある日あいつにしたのと同じ様にばあちゃんの右手にしがみついて
唸ったんだ。強いって褒めてくれると思って。。

そしたら、おじいさんもおばあさんも僕を撫でてくれなくなった。
どういうことかわからなかったから、何度もやったんだ。

そしたら、おじいさんがどこかに電話して「もう手に負えない」って話してた。

それから、何だか雰囲気がいつもと違ってしまって俺はどうしていいのかわからなかった。

次の日、作業着を着た人がやってきて、俺はまた違う所に移された。
そこには、他にも色々な犬がいた。

何だか、みんな諦めた様な顔をしてて ここがどこなのかも教えてくれなかった。



そのうち、そこの職員にちょーだいポーズをすると撫でてくれるというのがわかったから

毎日ちょーだいポーズをした。すると、大部屋から檻の1人部屋に移されたんだ。

俺様は毎日ちょーだいポーズをして職員のみなさんに可愛がってもらってた。
でも、夜は一人で寝なくちゃいけないんだ。。

人の温もりのない檻の中で、、



そんな生活は多分短かったんだと思う。俺様には長く感じたけど。



ある暑い夏の日だった。
小太りのおばさんがセンターにやってきた。

俺様達はゲージの掃除中で外に繋がれていたんだが
中型犬の女の子を見に来たんだって

職員の人が「この女の子ですが、大人しくていい子ですよ」なんて説明してた。

俺様はそれを聞きながら、俺様も連れてって
俺様いい子だよ
プリティーでしょ!!!!!

と すげー頑張ってちょーだいポーズをやり続けたんだ。

そしたら、おばさんが困った顔をしながら近づいて来た。
俺はチャンス! と思ったけど、おばさんはやっぱり困った顔をしていた。

俺様は二足歩行ができるんじゃないかと思うくらいちょーだいポーズを止めなかった。
だって、嫌だったんだ。
夜 暗い部屋で なんの温もりも感じない。
周りの犬は絶望したように口もきかない
そんな所で、寝るのが嫌だったんだ。
もう、誰にも置いて行かれたくなかったんだ。

だから、一生懸命おばさんが見えなくなってもちょーだいポーズをしたんだ
戻って来てくれるかも知れないと思って。

でも、戻ってこなかった。
やっぱりダメだったんだ。俺もあの子も。。


それから、数日たったら、職員の人達の様子がおかしいんだ。
今までの経験からまた、どこかにやられるんだと思った。
もの凄く怖くて、いい子にしてた。静かにいい子にしていたんだ。


そして、1週間位たったその日、いい子にしていたのに
俺だけ、檻から出された。
またか、、、と頭が真っ白になった。

事務所に連れて行かれると、獣医さんが待っていた。台の上に乗せられてふと気がつくと
あのおばさんが居た。

俺このまえ もの凄くちょーだいポーズしたけど
いったいこのおばさんはどういうおばさんなんだろう。。
怖くなった。怖くなって、小さくなった。小型犬よりももっと小さく。
緊張して気がつかなかったけど、いつの間にか注射されていた。

それから、おばさんは俺をゲージに入れると職員の人にお礼を言いながら
俺を車に運んだ。

どうなるか不安だったけど着いた家には、もう一人おばさんが居た
これが町子さん。

俺を連れて来たのがAzurだ。


するともう一人kemeというおばさんも来た。

何だかみんな優しそうで、普通の家でベッドもソファーもあって
俺様久しぶりに嬉しくて はしゃいじゃったんだ

しかし、昔の悪い癖で「がるるるるるるー!!」と唸ってしまった。

そしたら、みんな大笑いしたんだ。ちょっとホッとした。

でも、それからは躾を受けている。

町子さんは優しく。Azurは厳しく。。(汗)



大分、良くなったと最近は言ってくれる。
毎日Azurと一緒の枕で寝て、時々Cocoとの乱闘に巻き込んで顔を噛んじゃった
こともあるけど、あれは事故だしね。。

猫には絶対に逆らわないようにしてる。


ここで、ず〜っとみんなと一緒にやって行ける気がしてる。
ま、俺様可愛いしね^^



色々あったけど、Azurの家族はみんな優しい。
俺が唸っても「でたなルシファー」「悪魔よされ〜」とか言って。
唸るとダメだと教えてくれる。

これからも、この大家族で生きて行きたいと思ってるよAz




ルシファーが抜けきらない丸でした。DSCF0424_convert_20120813141430.jpg









スポンサーサイト
2012年03月10日 (土) | 編集 |
こんにちは^^

今日はあいにくのお天気ですね~
寒くて外出どころではないAzurです。

あまりの寒さにもう一杯やってしまおうかと(笑)

さて、思いあまっていっぱいやってしまう前に、、、

家では、よく猫と犬の出生について想像の話をします。
というのも、産まれたのを立ち会ったことはないですし
何月何日に産まれましたよ~なんてインフォメーションもなかったし
そうそう、血統証付きだろ~と思われるマルチーズだってセンターからの引き出し
ですし、、、

ですので、どこのどんな親御さんから、どのような所で産まれたかなんて誰も知らないのです。

それで、ついつい想像を膨らませてしまうのです(笑)


そして、今日は前回の第2弾で~マキ編~を書いてみようと思います。


通称、妖かしマキ
なぜかって、もの凄いインパクトのある顔だったからです。

彼を初めて見たのは、多分2階の階段の所の窓からだったと思います。
マックロクロスケのグレーバージョン。テニスのボール大の何かが庭のプランターの隙間を凄い早さで移動している。

???
なんだ ありゃ?

とは思ったが、まさか子猫だとは思わず数日経過。

次に会ったのは、駅から自宅への帰り道。道路をやはり凄い勢いで渡ってくる生物を見た。
一瞬だったので、猫かどうか確認できず、、、というか、UMAに遭遇したような感じ。

夏目友人帳の妖怪ちっくで自分が夏目になった気分だった。


そして、彼をハッキリ認識したのはそれから数日後
庭に来る猫の為に餌を用意しようと玄関ドアーを開けると

もの凄い視線を感じる。。。。

なんだ、この殺気に満ちた視線は、、、、

どこから?
誰かが、私に殺意を持って凝視しているような気配を感じる。。。。

どこ?

いったい、どこなのだ

私を狙っているスナイパーは!?!?!?!・・

・・;
??
!!
見つけた。。小さすぎて身体は見えないが、ポーチの階段ギリギリに
般若のような眼が、、、

その気迫にたじろいだ。。

びびびびびっくりした。。お、お前、、、
ネコ?

スゲーちっちぇーネコじゃん(横須賀弁)ぷぷぷ^m^
だけど すげーこうぇー顔(横須賀弁)ぷぷぷ^m^

どうした?お前~
そんなに小ちゃくって、母ちゃんは?
ここは、キジムナのテリトリーだから、キジムナとあんこに許可を得ないと餌食べらんないよ^^

内緒でいっぱい食べてけ~

とその日から、マキは家の庭先でご飯と食べるようになった。

しかし、小さい。。
そして、その容貌はまさに妖怪。
いくら家でご飯を食べていても、睨みはそんじょそこらのヤーさんより怖い。。
(やーさん知らないけど)

こいつ、本当はネコの形をした妖かしかもしれん。

そして、うちでは妖かしマキちゃんと呼ばれるようになった。

涼しげな一重の眼という印象のマキちゃんはあまりに小さい時に親から離れたので
タウリン不足で四肢の先の筋肉が弱いようです。
うまく走れないし、立っている時もゆらゆら揺れてしまいます。

でもその眼力はどの子にも勝る妖力の持ち主です。

その風貌には似合わず、臆病で天真爛漫で永遠のベビーちゃんのマキ


さぁ皆様にご紹介します。
あ~ちゃん一緒に寝よ~
IMG_0022_convert_20111013152130.jpg
お願い だっこ~~
あ~ちゃ~ん_convert_20110407140744
文句あんのかよ!
IMG_0173_convert_20111013152204.jpg

ちょっと空を飛んできま~す
Cat+also+074_convert_20100508092836s.jpg

彼は自分の母親の顔を知りません。
産まれて目が開くか開かない頃に、人間の侵略を受けた母親が家を替えたのです。
彼の兄弟は無事に次の住処に運ばれましたが、彼を取りに行った時既に彼は人間に追いつめられ
母親を待つことができず、住処を離れたのです。

そして、恐怖に駆られながら物陰から物陰に移動する日々
母親に会うことも出来ず、既に数日が経ち元の家さえわからなくなっていました。

彼に出来たのは、美味しい匂いを嗅ぎ分けること。
そして、大きい猫が来る前に逃げることだけでした。

そんなある日、大きな道路を渡って美味しい匂いのする場所に辿り着きました。
餌が置いてあります。

彼は誰にも見つからないように、プランターの影から様子を伺い餌を食べるために玄関にワープし
そして、またプランターの影にワープする。そんなことを繰り返していました。
そんな、生活の中で彼はいつの間にか瞬間移動ができるようになっていました。

そして、数日経った頃キジムナと呼ばれている雌猫に会ったのです。
まずい! 殺られる。。と思って目をつぶりました。

キジムナ「お前、だれだい?」
マキ「。。。。。。。。」
キジムナ「おい、チビ お前に聞いてんだよ~」
マキ「。。。。。。。。」

すると、奥からあんこが出てきて
あんこ「姐さん、チビ助 震え上がって声も出せないんじゃないですか~?」
キジムナ「あら、あたしはそんなに怖いか~い?」
    「取って喰ったりしないっつーの こんなチビよりここの餌の方がよっぽど旨いさ~」
あんこ「あんたの母さんは?」
   「どこにいるのさ、いるんだったらここはキジムナ姐さんの餌場だからくるんじゃないって言っときな」
マキ「。。。。。。。」
あんこ「まったく、ビビリで声もだせないのか」
あきれたように言われてしまいました。

マキ「。。。母さんは いない」
やっと、怖くて瞑っていた目をあけて答えました。

あんこ「逸れたのかい? そんなら、私と同じだよ」

あんこはキジムナとマキの間に入り、震えの止まらないチビの頭を舐めてやりました。

キジムナ「あんこ、気に入ったのかい? しょうがないね~」
    「チビ助、出て行きたくなるまでここに居るが良いさ」

ということで、私の家の縁の下にキジムナ、あんこと一緒に住むことになったとさ


とこんな話を家族でしているわけです。

そして、実はマキの父親は妖かしで今は春日神社のお堂の隣の祠に封印されている
とかいないとか。。^^;



今はそんなに怖い目つきはしませんが、、しかし、時々
「呪ってやる~~」
という目つきでジーーーっと見られると

背筋がゾワっとしてしまします^^;


いつか、変身して空を飛ぶのではないかと思っているAzurでした。

2011年10月07日 (金) | 編集 |
こんにちは^^

今日も素敵なお天気ですね~
お休みの人は、外出日和かな~


私だったら、勿論、秋蒔き第二弾を決行しますが、、
今日は、趣味のお仕事です。(笑)

さて、趣味のお仕事に入る前に、、、
家では、よく猫と犬の出生について想像の話をします。
というのも、産まれたのを立ち会ったことはないですし
何月何日に産まれましたよ~なんてインフォメーションもなかったし
そうそう、血統証付きだろ~と思われるマルチーズだってセンターからの引き出し
ですし、、、

ですので、どこのどんな親御さんから、どのような所で産まれたかなんて誰も知らないのです。

それで、ついつい想像を膨らませてしまうのです(笑)

まず、家の長女のあんこは
IMG_0378_convert_20111007125738.jpg

そう、生後3ヶ月位の時に家の庭先に現れました。それまで彼女はどこにいたのでしょう?
姿を見かけたこともありませんでした。

そこで、私たちの想像は膨らむのです。

最初、捕獲した当初 人間に馴れていないので 引っ掻いたり噛み付いたり大変だろうと思っていたら
なんてことはない。ゴロゴロ言って抱かさるではありませんか??

本当にこの時はビックリしました。

そういうのもあって、想像は、、、野良が産んだ子を子供が可愛がっていたが
親に見つかり、家に捨てれば 喰いっぱぐれがないと思い
夜中にコッソリ捨てて行った。

そこへ、母親を亡くしたばかりのキジムナに会い 一宿一飯の恩義を受ける。
その恩もあり、キジムナが死ぬまでは遠慮して人間(私と町子)に近づくことはなかったが
キジムナが事故に会い瀕死の状態の時に、「姉さんが~」と私を呼びにくる。
キジムナの死後、次にお話することになる妖かしマキと生活している。
妖かしマキも、キジムナ姉さんの家で雨風を凌いでいた。

それから、少しずつ距離を縮めるもののそれほど信用していないのか
今までのこともあり、捕獲されるその日まで身体を触らせることはしなかった。

捕獲後は、妖かしマキと共にAzur家で生活し猫族も犬族も一目置く存在となっている。


ま、そんな感じの想像をしている。


でも、最近は彼女にそっくりな♂猫を見かけるので、たぶん近所で産まれて
家の餌場にやってきただけかも~ キジムナ姉さんと気があって一緒に住むように
なっただけだと思うけど、、、それもちょっと珍しいよね~
自分の産みの母より、キジムナ姉さんになつくってね 何かやはりご縁ですね。。

オカルト系の話になると、あんこさんは以前家で天命をまっとうして、亡くなったニャー様の生まれ変わりということにもなっています。

毛並みが似ているからなんだけどね、何となく、何があっても落ち着いている風貌とか
まぁ、そういう猫が好きっていうのもあるけど~

帰って来てくれてありがとね^^
と時々思う。Azurなのでした。


次回は、順番でいくと妖かしマキになりますが

想像していて、一番面白いのは丸とCocoですね~ 二人とも出身がセンターだから。。

猫は、何と言っても近所なので(笑)
想像の範囲が狭まるのよ(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。