忘れっぽいおばちゃんの日常の出来事をメモしておこう。 私の可愛いファミリーの写真もいっぱい載せようと。。。 自己満足なブログです!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月27日 (金) | 編集 |
こんにちは

寒い日が続いていますね~

夏だと暑い日が続いていますね~

はは、挨拶ってそんなに変わるもんじゃないよね(笑)


私は、寒いのはチョー苦手で、殆ど11月、12月、1月は冬眠したくなるくらい
何もしたくなくなっちゃうのです。

この前の風で、もみの木が倒れ(鉢植え)鉢から土が出てしまい。
きちんと植えてあげなきゃいけないのに、風邪を引いていて外に出るのが極端に嫌

で、枯れなきゃいいな~ って(汗)

あ、これが悩みじゃないのよ



私の悩みは獣医さん

よく私の祖母が(ジャジャ丸)
お医者さんに当たらなくて持病があるのに通院が嫌でたまらない

とこぼしていたことがありました。

私もね獣医さんに当たらない。。

近所に2件の獣医さんがありますが、どうにも。。
1件は地域猫の活動にとても協力的な先生なのですが
いざという時病気が治らない。
そして、感情の起伏が激しい。
前回来院した時は怒られなかったのに、今回来た時に前回のことで怒られる
しかも、診察とはぜんぜんかけ離れた所で。。

そして、人の話も聞かないでうちの長毛系ライちゃんはお尻周りだけバリカンして下さい。
と言ったのに、「明日向かえに来て」と言われ変だな~
と思ったら、迎えにいくと丸刈りにされていた。。

それ以来行っていない。。


もう1件は、何か納得がいかない。。
そして、こちらも結構気性が激しく
すぐ怒る。。しかも、アドバイスを受けにいっても怒られる。

そんなにパーフェクトな飼い主っているのか?と思ってしまう。
しかも、Cocoはもの凄いビビリだったのでこんなんじゃ精神安定剤を飲ませた方がいい
なんて言われてしまう。。

そういう所 なんか、飼い主の気持ちを思いやるとかないから納得いかなくなる。


イエアメガエルのプロビーがかかったお医者さんは本当に良かった。
良かったから名前だしちゃお~K'sペットクリニック

皮膚病にしたのは私の落ち度に間違いない。
これが、二番目に紹介したお医者さんだと虫の居所によってはデカイ声で怒られる。

ところがK'sペットクリニックの先生は、「原因が何なのか突き止めないと」と言って飼育環境
から食事の状態、使っているビタミン剤等、与えて良い分量の計算まで
全部親切に見てくれました。

そして、何より「先生好きー!」と思えたのは
プロビーがプラケースからビヨ~ンと飛び出した時にそれを見て本当に「かわいい~」
という顔で微笑んだ様子を見た時です。

この先生いいわ~
それから、大好きです。
ま、皮膚病は完治してしまい、先生のアドバイスの元メンテナンスのしやすい
ケージで毎日洗っているのでもう会うことがないのですが。。

あれだけ、親身に相談に乗ってくれてプロビーだけではなくその他うちにいる
イモリ、ウーパールーパー、ベルツノ、鉄魚、ランチュウの事まで。。

おかげで、みんな元気です。


ああいうお医者さんにかかりたいのだよ~

今日は、怒られるか? 虫の居所はいいか?
とビクビクしながら診察に行くって変じゃない?
しかも、結構な金額だし。。

カエルの方は高速料金とガソリンと時間がかかるけど
診察料は「へ?」って聞き返す程お安くて、二回目からは1500円だったしね

やっぱり、完全予約制だと、しっかり時間を取ってくれているので問診の時間も
ゆったりだし、いいのかもね~ と思いました。


そんなわけで、丸のタマ取りをしなければ~ とか
健康診断とワクチンのことも色々相談しなきゃじゃない?
と思いつつ、、何ヶ月たってんだ?
て感じなのですわ。。

安いわけじゃないしね~
少しでも、満足のいくムンテラして欲しいのよ~
そして、なんか1年のスケジュールとか立てたい訳よ~

犬猫を飼っている人って結構悩んでる人いるんじゃありません?

私だけかな~ ビクビクしてるの。。。
と悩んでいるAzurでした。



スポンサーサイト
2012年01月24日 (火) | 編集 |
世の中に、自分の想像できない生活をしてきた人を
尊敬したり、認めなかったりする人が居る。

なぜ、そうなるのであおうろうか?

自分の一方的な価値観で、尊敬するとかしないとか
思春期の男の子みたい。。(笑)

世界が狭い  と私は思うのです。


私は、小さい時から色々な人を見てきました。

成人前、ろくに人生経験もないのによく批判したものです。


しかし、母のおかげで色々なものを見させられました。
見たくない物まで、、、、

その中で思ったのです。

人は、どうしようもなく嘘をついてしまったり
自分を守ろうとして人を陥れてしまったり

そんな大事になるとは思わずに、してしまったことが
取り返しのつかないことになってしまったり

色々な後悔と、その度に助けられたことに対する感謝とで
いつしか、生きとし生けるもの物に、自分のそばに居てくれる物に
感謝できるようになるのだと思います。


今となっては、一辺倒な価値観で批判した人、体制に対して
恥ずかしくも思い、また、よく考えてから物を申そうと思う今日この頃です。


介護士をやってきて思うのですが、女の人は折り合いを見つけます

でも、男の人は年をとったからといってもそうなるものではありません。
メンツということでしょうか、、
やりぬけば あっぱれ

でも、寂しく死んで行く人間を何人も見てきました。

「生きたようにしか死ねない」

だから、物わかりのいい人間になれというのではありません。

もう少し思いやりを持っても良いんじゃないかということです。

どんだけ、体制批判。人間批判したところで
何も変わりません。

結局は、コミュニケーションをもって理解し、理解してもらうということです。


絶対に良い方向にいくものであれば、頑固に対話を重ねることです。

それは、批判からは始まりません。

まず、そうなってしまった原因と、心の動きを細やかに分析し
問題要因をなくしていくことです。


自分より恵まれている人間を批判したところでどうしようもありません。
それは、その人の福運なのです。

自分にはなかっただけ。若しくは自分で決めたこと。

恵まれている人の人間性まで批判することはありません。


こ難し言葉や、自分を肯定するための屁理屈などやめて
もっと、素直に生きればいいと思うのです。


人間も動物も死ぬ時は一人と思っているかもしれませんがそうではありません。

少なくとも、一人はあなたのことを思っている人が居るのです。



その人の気持ちも思いやることが出来ないなんて寂しいとは思いませんか?



Azur でした。





2011年09月15日 (木) | 編集 |
こんにちは~

タイトルだと難しく考えているみたいだけど
そうでもなく、ちと考えた。

そして、もの凄く合点がいったことがあった。


昨夜? その前だったか。。。
記憶は定かでないが、、




私と同居している人に叔母の町子がいる。

この町子さん 本当に動かない。。
そして、腰は曲がり、膝も曲がったまま
歩く姿は80のおばあちゃんか?

といつも思っていた。

顔はとても美人さんなのに、、

あ~ もったいない。。
なんで、若さを保とうと思わないのか?(年相応のね)

運動して、膝、股間、肩の稼働域を確保する努力すればいいのに~

と思っていた。少々軽蔑していたかも知れない。



だが、一番辛いのは本人である。

なぜ?

医者も行かず、家でゴロゴロ。。

なぜ?

考えるとはなしに考えていた。

そして、思い出した。

彼女は、次女を出産直後 大量出血し生死の境を彷徨った。
私たち家族も、病院に呼ばれ危ないと知らされた。

しかし、彼女は生還した。
その間、家では長男を預かり。祖母は長女を預かっていた。

入院は長期になると予想されたが、案外早く退院してきた。
それでも、一ヶ月は過ぎていたであろうか。

そして、その時から彼女には生理が来なくなったらしい。
当時私は、「生理がなくなったから らく~♪♫」
などと言っている彼女の言葉を聞いていた。

だが、今から考えるとこの時閉経させてしまったことが
現在の彼女の全身状態の悪化を招いたのではないだろうか?


私は、専門家でもなければ、医療のことはど素人だが
よくサプリメントのCMなどでも言うではないか

閉経後の女性のコラーゲンとカルシウムの減少について
激減するのだと。。

だとすると、彼女は約15年から20年あまり早く閉経してしまった為
30歳という若さの時からコラーゲンとカルシウムは減り続け
すでに、80歳近い身体の状態におかれているのではないだろうか?

すると、動いて頑張れというのは違う気がする。

それよりも、日々カルシウムを補給し、コラーゲンとヒアルロン酸を摂り
失われて行く潤いをなんとか、遅らせるという方法しかないのではないだろうか?


今まで私たちは、間違ったことを言い続け苦しめて来ただけではないだろうか?



私が子宮から卵巣にかけての腫瘍を摘出する時にアドバイスをくれた看護士さんが言っていたのは、
たとえ機能しなくなったとしても何一つ人間の身体の中に無くて良いもの等ないのだと

だから、残せるものであれば、子宮も残し、卵巣も残す方が将来の私にとって良いことだと思う。

とアドバイスをくれた。

私は、それから結婚もしなかったし子供も産むことも無かったけれども健康に日々力強く生きている。
良く太り、誰よりも元気な感じ

看護士さんには感謝しなくちゃだわw



そうなると、というか、皆さんの中にも手術などで悩んでいる方がいらっしゃいましたら
患部は切っても、必要最小限度にすることをお勧めします。


町子には、カルシウムとコラーゲンとヒアルロン酸をサプリメントで飲んでもらって
進行を遅らせるようにしようかな~

今まで、苦しめて申し訳なかったな~ 
こういうの、やはりかかるとしたら、婦人科なのかもしれないあな~

と思った昨夜でした。



皆様の中で、何か良い情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら
連絡下さい。

宜しくお願い致します。

生きている以上は楽しく生きなくてはね!


Azur でした。
2011年04月20日 (水) | 編集 |
こんばんは

いま、私の家では、というか従姉妹のケメお家では長男であるシン君の介護が始まった。

そこで、いつも私の側に居てくれた生き物達と
私の関係を、ここに記しておきたい。

勿論、現在までのことで
これからの、生き物や生活、出会った人によって考えは変わると思いますが
酔っ払ったついでに、、、


私が生まれてからこのかた、生き物の飼育をしていなかったことはないだろうと思われる。
それぐらい、動く生命体なら大好きだ。
いつも、手元に置きたいと思う子供だった。

でも、自然にそれが変化をしていった。

私が、4歳の時今のステップファーザーと母が知り合い再婚。
パパの家は横須賀市でも、田舎の方

私は、こんなにステキなところはないと思うくらい生き物には事欠かない所でした。

そこで、イキイキと生命を育み精一杯生きる生き物のその命の素晴らしさに感動した。

それから、私は野生の物を飼うのはほぼ止めた。

一時的に保護しなければならないものもある。
でもね、自然の中にいるから彼等は綺麗なんだよね

その美しさは、何にも勝るであろうと思われるし思っている。

けれども、むか~しから人間と生きるということをしてきた猫と犬は違う。
彼等は、キチンと自分の役割を知っている。

そうやって生きていきたいと思っているように思える。
小さい時から、野良猫たちは人間関係に悩んだ時の良いアドバイザーだ。

そして、犬はいつでも応援してくれる。良いチアリーダーたちだ。



彼等も私達の中にポジションを見出している。
そして、いつでも彼等は良い友になるべく側に居る。

だから、歴代の犬猫達には相当な思い入れがある。
というよりは、お世話になりました。

だからといって、愛玩用と言っても可愛がるだけではない。
好きだけど、面倒も見てもらってる。
可愛がるというのとはまた違うと思う。

だから。愛犬家とか愛猫家とも違うと思う。
ほぼ、対等な状態なのではないかと思う。

私にとって、犬と猫は友であり、兄弟であり
本当に良いパートナーです。

だから、頼ることもあるのです。

それが良いのかどうかわかりませんが、、、


犬も猫も私のことが心配で、側を離れられないようです。

ま、なくてはならないものですが

いつも縁だと思っています。 なるべく、飼わないようにはしているんです。

私も年ですから、、、、



今は犬も猫も寿命が長くなっていますので気軽に飼う訳にはいかなくなった年齢です。

私が先に死んじゃうと犬や猫にはバイトできませんもんね~(笑)




死ぬ前は、一人かな~と思う今日この頃です。
2011年04月03日 (日) | 編集 |
こんにちは~

珍しく土日がお休みです。^^

昨日は張り切って、庭に出てみましたが本日寒いので家の中です。



今朝、東京都知事選も間近になり都知事に出馬した方々の討論会みたいなものをTVでやっていました。
東京都民ではないので、あまり、目新しい政策もない討論会を聞き流していましたが
一件聞き流せない一言を仰った候補者がいらっしゃいました。

見てなかったので誰だかしらないけど、、、

特別養護老人ホームの待機老人が4万人を超えているのは、老人が特別養護老人ホームに入りたいからだと言ったのです。

聞き流していたのに、思わずTVを見た。

討論会で、こんなに短絡的な物の考え方しか出来ない政治家だと分かったのは、選挙に参加する人達にとっては幸運なことだったでしょう。

私だったら、絶対に1票入れません。

特別養護老人ホームに入りたがっている老人が本当に居ると思ってんのか?
もしそうだとしたら、あまりにも人の心がわかっていない。
まさに、空気も読めないだろうし、気が利かない。

私の祖父は、ちょっと変わり者でしたが、お金があったので大昔市会議員に立候補すれば当選するからやってみろよと言われたことがあったそうです。

その時、祖父は オレには絶対にできない。市会議員や代議士になるなんてのは、何を言われてもカエルの面にションベンみたいな人間じゃないとできないよ。と断ったそうです。
(カエルさんゴメンナサイ。カエルだってションベンは嫌だよね)

わかる気がする。人がなんて言おうと何も感じない人間が政治家やってんじゃないの?
と思うときがある。そんなんだから、末端で働く、介護士や看護婦、ヘルパーがつらい思いをする。

少しは、政治とやらを進めてくれ。

政治批判は、あまりよくわからないのに批判だけするのは良くないと思うのでこの辺で



そう、皆さんはどう思いますか?
老人は、特別養護老人ホームに入りたいと願っていると思っていますか?


私の経験上はNo!です。

私の経験。それは、ヘルパーとして老人病院。急性期病棟。重症室勤務5年。
特別養護老人ホーム4年の経験です。
10年弱、老人と付き合ってきて、家にも通称ジャジャ丸という祖母と一緒に暮していて感じたのは
みんな、自分の愛する子供達のために、自分の出来ることは何なのか を考えている。ということです。

身体も頭も若い時のように動かなくなってきて、最後に自分の出来ることは
子供達の為に、最後に親としてできることが
「こんなステキな施設に入れてくれてありがとう。嬉しいよ」とニッコリ笑うことだけなのです。
彼等はそう、思っているのです。


特養に来る老人の背景には、悲しい決断があるのです。

勿論、特養に入れる家族も色々な葛藤の中、専門家に見てもらったほうがお母さんは、お父さんは、快適に最後を迎えられるのだと思い込もうと必死の努力をしているということです。

ジャジャ丸にとって、私は甘えられる存在だったようで
彼女の意思を尊重して、自宅で最後を迎えました。
4月24日で1年がたちます。

私は、診て良かったと思っています。
でも、それは私がヘルパーだったから出来た話です。それと、町子の存在も必要は必要でした。(笑)
末期がんの患者の痛みのコントロールや、鎮痛剤を投与するタイミング、褥創の処置は経験者でなければ難しかったと思います。

この、ジャジャ丸の介護をしているときは、私は、コンビニのバイトと派遣で研究所に勤務していました。
ダブルワークをしながらの介護は大変でしたが、まぁ、特養の立ち上げの時よりは良かったかも(笑)

24時間を分担して、休む時間を6時間、欲を言えば8時間(睡眠時間入り)コアに持てることができれば自宅で介護をすることは可能です。
ですが、そんな恵まれた家庭ばかりではありません。

それで、安い特別養護老人ホームの待機人数が増えるのです。



他にも色々理由はあります。アルツハイマーが進行して、家ではとても面倒が見れない人もいます。

どの施設も、国がいらないと言った老人病院だって、必要です。
人それぞれの生活様式により、様々な形の助けが必要なのです。

しかし、行政は一辺からしか見ていない。特養には介護度で5or4の人達をいれることみたいに

でも、認知の入った1、2、3の人達のほうが大変で、家で見ることができない人が多いのです。
介護度は一つの目安ですので、もう少し人の目で判断することが必要です。
ですが、施設側としては、美味しい利用者しか(お金が取れる)入れたくないのが現実です。
経営が成り立たなくなるから、と
これから、どんな人が日本を運営していくのか

近いところでは、県会議員選挙、県知事選挙があります。
みなさん、政治はよく分からないからといって、さじを投げるのではなく

ちゃんと、関わっていきましょうね!


Azur でした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。